KKRの特約葬祭事業とは?

国家公務員共済組合連合会(略称KKR)の特約葬祭事業と、本事業に参加する全国の特約葬祭業者(以下加盟店とします)による割引サービスについてご紹介します。

KKRの特約葬祭事業とは?

KKRでは、共済組合員とそのご家族の皆様の健やかな生活と福祉の向上を目的として、共済年金の決定・支払の事業をはじめ、医療、宿泊などさまざまな方面での福祉事業を行っています。

ここにご紹介する特約葬祭事業は、その福祉事業の一環として昭和24年、戦後経済の厳しいインフレを背景として、不時のご葬儀による個々のご家庭の負担を軽減するための割引サービスとしてスタートしました。

昭和24年当時のKKRビル

当初、関東地域から提供を開始した本サービス(以下「葬祭サービス」とします)は、その後、多くの組合員の皆様からの「全国に均等なサービスを」というご要望を受け、平成元年にシステムの拡大に着手。約5年をかけて、北は北海道から南は沖縄まで、各地域の実績ある葬祭業者が参加・協力する大規模ネットワークが構築されました。

KKR特約葬祭業者連絡協議会の大規模ネットワーク概念図

現在ネットワークには、8つの地域(北海道/東北/関東甲信越/東海・北陸/近畿/中国・四国/九州/沖縄)を代表する計8社のブロック店および、その傘下にある都道府県ごとの基幹店、2次店を合わせ、全国200社を超える企業が参加しています。

さらに平成13年、葬儀に関わるさまざまなご依頼やご相談に全国統一で対応するための総合窓口として、「葬祭コールセンター」が開設されました。これにより24時間365日、全国どこからでも葬祭サービスをご利用いただけるようになりました。

KKR葬祭コールセンターは迅速・的確にその地域の加盟店へお繋ぎします

加盟店によるご葬儀の割引「葬祭サービス」とは?

ご葬儀の内容および費用はしきたりによってもさまざまですが、このうち「基本祭壇」と呼ばれるセット費用が本サービスによる割引対象となります。
実際のご葬儀における費用は、事前のお見積りと細かな打ち合わせによって決められますが、「基本祭壇」はその際にごく基本的な費用目安となるもので、一般的な意味の「祭壇」(段飾り、ご遺影・ご位牌、祭壇まわりのお供物、お焼香用品などを含めた総称)とは異なります。「基本祭壇」の料金および含まれる品目・サービスの内容は葬儀社それぞれの価格体系に依存し、通常はご飲食や会葬礼状などの付帯品もこれには含まれません。

葬祭サービスの対象「基本祭壇」のセット内容は価格体系に依存

また式場、ご自宅、お寺など、ご葬儀を行う場所によってもさまざまな様式がありますので、加盟店ではそれぞれに応じた各種のセット料金および割引料金が用意されています。詳しくはお住まいの地域の加盟店情報をご参照ください。

なお、本協議会に参加する加盟店は、いずれも地域において長年の信頼と実績を誇る優良葬祭業者です。緊急のご用命や地域ごとのしきたりに関するご質問など、葬儀に関わる事は何でもご遠慮なく「葬祭コールセンター」または、加盟店へご相談ください。

※「祭壇」と「基本祭壇」の違いについてはこちらを参照してください。

※「基本祭壇」は、あくまでごく基本的な費用目安です。またセット料金と割引料金は複数用意されています。

「葬祭サービス」を受けられる方は?(割引の適用対象)

サービスを受けられる対象者はとても広範囲です。 共済組合員ご本人様はもちろん、三親等までが対象となるため、ご家族ご親族の皆様および、OBの皆様にも広くご利用いただけます。 なお、割引を受けるには、適用対象者(下の図を参照)がいることを事前に申し出てください。

またKKRおよび協議会では、より多くの皆様にご利用いただけるよう各地域で葬祭事業説明会を実施しているほか、幅広い情報提供を目的とする「葬祭フェア」などのイベントも開催しています。合わせてお気軽にお問合せください。

※説明会についてはこちらを参照してください。

三親等解説図

1.国家公務員共済組合連合会に加入されている組合員ご本人。
2.国家公務員共済組合連合会から年金を受給されている方。
3.組合員および年金を受給されている方の配偶者。
4.組合員および年金を受給されている方の三親等内のご親族。